スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Date: --.--.--
Category: スポンサー広告

ナチュラルボーンキラーズを観て

この作品は上映当時と何の遜色無く、スキャンダラスな内容に満ちている

犯罪者、それも よりによって大量無差別殺人鬼の男女カップル(ミッキー&マロリー)を主人公にしており、
二人をヒーローのように扱う内容によって
観る人も作中の若者達も、二人に感情移入してく
潜在的なアナーキズムをくすぶれる高揚感は一種自戒の念をも抱かせる、

僕はこのような描き方に、作者の体制への強い反抗心が滲み出ていると感じた

けど、誰もがミッキーとマロリーに対して共感する面が僅かなりあるのではないかと思ってしまう
そういった感情を吐き出す事の出来る映画、もちろん万人に勧めて良い映画だとは微塵も思わないけどw

作品中盤、ミッキーにインタビューするシーンは特に印象的だった、
僕はすぐに映画『ハンテッド』のアーロン・ハラム(ベニチオ・デルトロ)への尋問を思い出した
「人間よりも上位の種が現れたら、彼らによる殺人は罪になるか?」と、要約するとこんな内容なのですが、
それに近い内容を感じた

『ナチュラルボーンキラーズ』の終わり方は、これまでの作品からは考えられないようなラストなので、注目して欲しい、あまり望ましくないラストだと思う人も多いだろうけど、タイトルの通りに言えば
これほど恐ろしいラストは無いだろうと思うに違いない

*この映画にはロバートダウニーJrが出ています、社長です、アイアンマンです

全然関係無いけど、ダンボール戦機の三影ミカちゃん↓かわいいいーですよね!(*´∀`*)

レベルファイブは子供向けの作品の女の子に、大きなお友達が萌える!を体現してくれてるから好き
ユリンちゃんとか

img205.jpg
スポンサーサイト
Date: 2011.12.12
Category: 未分類
Comments (0)Trackbacks (0)

この記事へのコメント:


管理人のみ通知 :

トラックバック:


プロフィール

びすか

Author:びすか
↑誰だよ

絵を描いてます
漫画描いてます
好きな物が沢山あるひと

このblogはリンクフリーです。

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


検索フォーム
リンク
このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。