スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Date: --.--.--
Category: スポンサー広告

映画の話

烏丸響子vel2 for blog
響子ちゃん描いてみました

映画観ました!
何の映画観たかって??(´∀`)ノ

ふふふ
実は「処刑人2」観ちゃいました!(´∀`)ノ

あのノリを前作から引き続き堪能できましたよ
前作を観ているとより作品を楽しめる様になっていて、ファンとしてはダイマンゾク!
とにかく大好き!ロッコのシーンで泣いちゃいました。

気になる人は「処刑人」、通してみる事をオススメします!

そもそも「処刑人」という作品に出会ったのは、兄とビデオレンタルにハマっていた時期でした

幼稚園とか小学校の時期に「コマンドー」やプレデター」とかそう言う感じの作品を観まくっていた子供だった(『コマンドー』『ブルーサンダー』『スーパーマン』に至っては10回以上借りて観ていた)から、「処刑人」に出会ったのも比較的早い時期。
子供心に「何となくおもしろいなー」って印象が残ってて、成長してから再度観てハマりました。
特に1のロッコの最後のシーンが良かった、

何と言うか、カッコイイのはもちろん、雰囲気が楽しくて泣ける所は泣ける

感情を直接刺激されるセリフまわしや演出、監督が実はミュージシャン、

そんなこんなで「処刑人」大好きです。

ついでなので他に買ったニ作品も、
「第9地区」と「ウルヴァリン:X-MEN ZERO」

「第9地区」は劇場で観ていて、酷い気持ちになったので購入、
とにかく描写がキツい、なまじ先を知っていると目を背けたくなるシーンも(実際買ってから2回観たが、2回とも飛ばした)あるけど、映画の出来としては成功している証だとおもいます。

特典映像で製作のピータージャクソンは「この映画は最高に笑える」みたいな事を言っていて正気を疑った。

良く考えてみると、この人がそう言う作品を沢山作っているからなのか、日本人に理解出来ないユーモアが隠されているのか、ほんとにこの人がアブナイのか、分からなくなって来たので考えるのを辞めました。

個人的にはクーバスがスキ

「ウルヴァリン:X-MEN ZERO」に関しては、「かっこいい」の一言、
出る奴らみんなかっこいいのなんのって
ウェイドとかもう・・・ねえ?

ウェイド役のライアン・レイノルズが公式サイトで日本刀の訓練を毎日沢山やったって言ってて、ハリウッド俳優の役へのこだわりってヤッパリ凄いと思った。

作中に「デッドプール」って単語が聞こえて、後に能力も同じそれっぽい奴が現れて、DVDの裏観ると「デッドプール」って書いてあって・・・「デッドプール」なのかーって思った。

「デッドプール」に関しては、単体で映画化が計画されてる様子、期待大ですね!
「ウルヴァリン:X-MEN ZERO」の続編や「X-MEN5」の情報もちらほらあるのでそっちも要チェックです!
「第9地区」も続編決まってるんだっけ
早く観たいですね
スポンサーサイト
Date: 2011.03.29
Category: 未分類
Comments (0)Trackbacks (0)
プロフィール

びすか

Author:びすか
↑誰だよ

絵を描いてます
漫画描いてます
好きな物が沢山あるひと

このblogはリンクフリーです。

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


検索フォーム
リンク
このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。